Meteor/2006年

今回はMeteorの「ちょこっと☆ばんぱいあ!」の感想です!
ワンコインセール対象品一覧見ていて、パッケージ画像からドタバタラブコメっぽさを感じて買ったんですよ。
楽しいのは楽しかったんですけど残念要素がちょこちょこあって、手放しで褒められない難しい一本でした。
なんだろうなぁ…追記で厳しく書きます。


馬飼野市で暮らす主人公、化野洋一の将来の夢は「地方公務員」。平凡で堅実な大人になることを目指していました。
しかし馬飼野市市長である洋一の父の汚職が発覚。ワイドショーで面白おかしく報じられ、父は姿をくらませてしまいました。
母は病で既に亡く、一人暮らしを余儀なくされた洋一。そんな洋一のもとにクール便で巨大な荷物が届きました。中身は棺桶…そしてその中で眠っていた金髪の少女が目を覚ましました。
実は洋一の父は魔王であり、洋一は魔王の正統後継者。金髪の少女「アリア」は魔王のお后候補で、吸血鬼の娘でした。
事態が呑み込めない洋一のところに人狼の少女や人造人間の少女といった后候補が次々に現れます。
洋一の幼馴染や魔物ハンターも黙ってはいません。
魔王の后の座を勝ち取るのは一体誰なのか…!?


っていう。
あらすじは良い感じですよね。